Hayashi Shoya BMワンダーフォーゲル部 第28回「京都」

タグ:, ,

text by hayashi shoya

2011年に名古屋で開催されて以来の日本でのプロツアーが、本日28日から3日間開催されます。
プレイの邪魔にならなければ一般のプレイヤーも入場して良いらしいので、この機会に会場へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

言いたい事を言い終えたのでこのまま記事も終わりたいのですが、ワンダーフォーゲルなのでそれっぽい事も書かなければなりません。
なので、京都に自然を見に行くならここに行けと言う場所を列挙していこうと思います。



・天橋立

amanohasidate.jpg

宮島や松島と並ぶ日本三景の一つです。
イザナギノミコトが天からイザナミノミコトの元へ通うためにかけられた橋だという伝説があります。
この天橋立の中には廻旋橋があり、船を通す為に90度回転する珍しい機構が搭載されています。



michi.jpg

端から端まで徒歩やレンタルサイクルで散策するのがおすすめらしいです。



yakei.jpg

夜道は人気が無く、怖くもありますがある種幻想的な雰囲気が楽しめます。



・夕日ヶ浦海岸

yuuhigaura.jpg

名前の通り夕日がとても綺麗で、沈む瞬間を写真に収める為だけでも行く価値ありです。
海水浴も可能で、遊んだ後そのまま近くの温泉や宿でゆっくり......なんて事も可能です。



・宇治茶の郷

tea.jpg

京都と言えばお茶(はまち談)。
そんなわけで、京都山城の宇治茶の郷です。
宇治茶歴史街道と言うマップに沿って歴史を学びながらの散歩が出来ます。


理路整然と並んだ青々しい茶葉は見ているだけで癒されますね!



・哲学の道

tetugaku.jpg

tetu.jpg

みやこめっせから2㎞ほどで行くことのできる散策道です。春は桜、秋は紅葉で色付きますが夏は......もう少し早ければホタルが楽しめたかもしれません。
いつでもおしゃれな店での飲食が楽しめ、京都の雰囲気をふらっと寄っただけで味わえます。
哲学者の西田幾多郎氏がこの道を散策しながら思索にふけったことからこの名がついたと言われています。

neko.jpg

また、京都有数の猫パラダイスとしても有名で、猫たち目当てのカメラマンも後を絶たないとか。可愛い猫たちですが、野良なので餌は与えないようにしましょう。



このように探せばいくらでも見どころがでてくる京都。
せっかくなので会場内だけではなく色んな場所を見て回ってみましょう!