BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード プロツアー『イクサラン』編

タグ:, , , , , ,

こんにちは!BIGsの朴高志です。

先週末に開催された、プロツアー『イクサラン』
使用されたデッキには、まあ見慣れたデッキが多い中...やはりそれでもプロツアー。
おや?っと思わされる怪しげなデッキもちらほらいましたね。

今回はそんなプロツアー『イクサラン』からデッキをピックアップして紹介したいと思います。
では、早速本題に入っていきましょう!


まずは優勝した青黒緑エネルギーから!


boku05 06.jpg

※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。

※デッキは全てプロツアー『イクサラン』イベントカバレージから引用しました。


今回見事プロツアーの頂点に立ったデッキは、セス・マンフィールド選手が駆る青黒緑エネルギーでした。
非常にテンポを重視した構成になっており、相手が対応する間もなく盤面を作り上げられるようになっています。
また、もし序盤で相手に押し込まれそうになっても、骨太クリーチャーと軽いスペルで切り返していけるようにも作られています。

そういった戦い方を可能にするために、このデッキには《顕在的防御》がフル搭載されています。

boku05 01.jpg


《巻き付き蛇》は勿論のこと、《人質取り》を早いターンに出さなければならない時など、使い勝手の良いとても頼りになるカードです。
特に《ピーマの改革派、リシュカー》との相性は言うまでもなく完璧で、ひとたび相手の除去を弾いてしまえば、巨大化したクリーチャーでたちまち盤面を制圧出来ることでしょう。

サイドボードには《短命》《貪る死肉あさり》とラムナプ・レッドなどの早いデッキに対するカードもしっかり用意しています。
boku05 02.jpg

《短命》は《熱烈の神ハゾレト》に対する回答であり、マナコストが軽いためいつ引いても無駄にならず、エネルギーが余りがちになるこのデッキではさながら確定除去のような動きをみせます。
《貪る死肉あさり》は毎ターンライフを回復してくれる可能性のあるナイスカード。
また《屑鉄上のたかり屋》などの厄介なクリーチャーに対して、常ににらみを利かせる事が出来る点も優れています。



続いては、9勝1敗という素晴らしい成績を叩き出したラムナプ・レッド。


boku05 07.jpg

※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


スタンダードで勝ち星を上げるべく、井川良彦選手が使用したデッキ。
このデッキの最大の特徴は、何といっても普段はサイドボードでよく見るクリーチャーがメインボードに採用されている事でしょう。

boku05 03.jpg


《過酷な指導者》《暴れ回るフェロキドン》の両者とも、《つむじ風の巨匠》に対してとてもよく効きますし、赤のクリーチャーにしてはタフネスがそれなりにあるおかげで場持ちも悪くありません。
特に定番である《地揺すりのケンラ》を3枚に減らしてまで採用している点は、思い切ってエネルギー系のデッキを対策しに行った気概を感じます。
また、エネルギーデッキではない相手に対しても《過酷な指導者》は赤系アグロが苦手とする《歩行バリスタ》に対していい働きをしますし、ミラーマッチで《熱烈の神ハゾレト》がにらみ合っている盤面でも強さを発揮できます。

サイドボードは《ピア・ナラー》を多めに3枚採用し、サイド後に増えてくるであろう相手の除去に対する警戒もしています。
また、このカードもミラーマッチや赤黒アグロと当たった時に強さを発揮します。

メタゲームを的確に読み、構築されたこのデッキ。
ラムナプ・レッドの可能性の広さが伺えます。



そして、こちらもメタゲームを読み切ったうえでの構築、白単吸血鬼!


boku05 05.png

※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


プロツアー・イクサランが始まるまでは誰も予想だにしなかったデッキが、台風の目となって大暴れしました。

boku05 04.jpg


この白単吸血鬼デッキは、とにかく盤面を大勢のクリーチャーで埋め尽くす事を目的に作られています。
《軍団の上陸》に始まり、《オケチラの碑》から《軍団の征服者》や《格納庫の整備士》×2枚へ繋ぐなど、多数のシナジーで構成されています。
あまりに増えるペースが早いため、初見で対応するのは非常に難しく、あっという間に戦場をクリーチャートークンで埋め尽くされ、《発明の天使》《シェフェトの砂丘》といった全体強化でフィニッシュされてしまう事でしょう。

また、当然サイドボード後には全体除去を使われる事になるのですが、それに対しても《黄昏+払焼》が4枚搭載されており、対策もバッチリです。
《黄昏+払焼》は序盤に大きめのクリーチャーを連打してくる相手にも役に立ち、ほとんどの場合、自分のクリーチャーには被害を与えずに相手のクリーチャーだけを倒す事が出来ます。

こういった新しいデッキが大活躍するのもプロツアーの醍醐味。
クリーチャーを並べるのが好きな人は、一度手に取ってみてはいかがでしょうか。



いかがだったでしょうか。

今回はプロツアー・イクサランで活躍したデッキを紹介してみましたが、少しでも皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!

カードゲーム通販Bigweb

↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑