BIGs 朴高志のスタイリッシュ!スタンダード・モダン・レガシー『イクサランの相克』環境のチーム構築編

タグ:, , , , , , ,

こんにちは!BIGsの朴高志です。

いよいよ『イクサランの相克』環境が幕を明けましたね。
今回は、そんな新環境で行われた、SCGの3フォーマット混合チーム戦優勝デッキを3つ、解説していきます。

それでは、早速本題に入っていきましょう!



まずは、スタンダード!

boku17 01.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。


マルドゥ機体!
《模範的な作り手》《キランの真意号》をはじめとし、とにかく高い打点で殴りに行ける3色のアグロデッキですね。
一時期はその圧倒的な攻撃力で他のビートダウンを圧倒し、機体やプレインズウォーカーを使う関係上全体除去にも強く、かなり姿を見たデッキでもあります。

ここに来てもう一度流行の兆しを見せているのですが、そのマルドゥ機体が採用している新カードがこちらです。

boku17 04.jpg

そう、このカード1枚だけ!
それもサイドボードに・・・なのですが、これはこのマルドゥ機体が現環境で戦える力を十分に備えていたからで、これから環境が変わればまた新カードの採用は増えていくかもしれません。

弱点は《削剥》などのアーティファクト破壊です。《グレムリン解放》なんかも良く効きます。
ただ、このデッキはサイド後からコントロールデッキのように振る舞う場合も多いので、それも踏まえて戦うのが良いでしょう。




次はモダン!

boku17 02.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。

人間デッキです。
これは《集合した中隊》を入れていないタイプですね。

boku17 05.jpg

《手付かずの領土》《帆凧の掠め盗り》がイクサランで参入してから成立しているデッキです。
《教区の勇者》《サリアの副官》からなるビートダウンスピードは圧倒的で、さらに《霊気の薬瓶》で展開力もサポートされていると、まさに盤石、普通に戦っていたら止めるのは極めて困難です。
メインボードはクリーチャーだらけで、ある種のコンボデッキのような感じです。
トリコロールやグリクシスの《瞬唱の魔導士》を入れているコントロールならメインからでも十分に戦えますが、そうでなければこちらもコンボで無い限りは敗北を余儀なくされるでしょう。

ただ、サイドボードもほぼクリーチャーなので、弱点自体はメインと共通で軽い除去連打や全体除去という事になります。
それを考慮して、環境次第では《集合する中隊》の採用を検討するなどの工夫をしてみてもいいかもしれません。




そしてレガシー!

boku17 03.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。

Landsなどとも呼ばれる、いわゆる土地単と言われるデッキです。

boku17 06.jpg

基本的な勝ち手段は、高速でマリットレイジを戦場に出すという事になるのですが、それが毎回決まるとは限らないので、そのために耐えるカードが多く積まれています。

boku17 07.jpg

これらの土地は、どれもクリーチャーに対して強くなれるものばかり。
一見、維持コストのわりには強そうに見えない《Glacial Chasm》も、《踏査》と《壌土からの生命》があれば、ほぼライフを減らす事無く運用出来、極めて強力な防御手段となります。
それにより、クリーチャーで殴りきろうという相手に対しては無類の強さを発揮します。

弱点はANTなどのクリーチャーに頼らないコンボデッキになりますが、サイドボードには《抵抗の宝球》をしっかり搭載し、ストーム系のコンボに対しても対抗出来るようになっています。
もしこのデッキを倒したければ、《血染めの月》《血染めの太陽》《基本に帰れ》などの強力な土地封じのエンチャントや、《灰からの再興》のような大量土地破壊、《真の名の宿敵》《最後のトロール、スラーン》のような対処されにくいクリーチャーなどをデッキに入れると良いでしょう。

boku17 08.jpg

また、墓地を多用するので、《安らかなる眠り》をはじめとする強力な墓地対策も良く効きます。



いかがだったでしょうか。

今回は日本のチーム戦GPでも使われるであろう3つのデッキを解説しましたが、これが皆様の参考になれば幸いです。


それでは、今回はこの辺で!

カードゲーム通販Bigweb

↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑