BIGs 朴高志のスタイリッシュ! スタンダード・モダン・レガシー『3つのコントロールデッキ』編

タグ:, , , , , ,

こんにちは!朴高志と申します。

プロツアーも終わりましたが、日本ではエターナル・ウィークエンド日本選手権が待っています。
なので、今週もデッキを紹介していきますよ~!

それでは早速、本題に入っていきましょう!

スタンダードでは、青を使わないコントロールが登場。

boku045 01.png※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。

何とノンクリーチャー!
白黒タッチ緑のコントロールデッキです。


boku045 04.jpg

勝ち手段はこの3枚。
中でも《最古再誕》は4枚入っていて、このデッキの重要な役割を担っています。
他はがっつり除去、ひたすら除去。

サイドボードには打って変わって大量のクリーチャーが入っています。
相手が除去を抜いてきたところに入れれば、かなりの活躍が見込めるクリーチャーばかり。
《強迫》《魔術望遠鏡》も入っており、分かりやすく強力なラインナップになっています。

いわゆる除去コントロールで、環境がクリーチャーだらけの今だからこその構築。
しばらくは良いメタゲームが続きそうなデッキです。

モダンはソプターコンボ!

boku045 02.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。

こちらもほぼノンクリーチャーと言っていい構成。


boku045 05.jpg

とはいえ、この2枚が揃えば大量の飛行機械トークンが戦場を埋め尽くす事になります。
コンボデッキですので、他のカードはドロー、サーチ、手札破壊が殆ど。
ハンデスと除去で1~2ターン目をささっと切り抜けてコンボを決めるデッキです。

《発明品の唸り》があるので思った以上に早くコンボが完成し、しかも止めにくいです。
さらにメインボードに《虚無の呪文爆弾》《罠の橋》《減衰球》が入っており、対応力も高め。

対策するのであれば、アーティファクト破壊が弱点である事は間違いありませんが、《安らかなる眠り》等の墓地対策も有効です。
ただし、サイドボードにいる《発明の領事、パディーム》には要注意です。

boku045 06.jpg

長引けば《時の篩》で無限ターンも狙える楽しいデッキ。
しっかり練習すれば答えてくれる、モダンはそんなデッキが多くていいですね。



レガシーは、最近流行しているこのデッキ。

boku045 03.jpg※画像をクリックすると、MOで使用できるテキストデータをダウンロードできます。

グリクシスコントロールです。

boku045 07.jpg

流行りの奇跡デッキに強く、またコンボ相手も手札破壊とカウンターで勝てるため、数が増えています。
クリーチャーは《悪意の大梟》でドローしながら止め、《悪魔の布告》《稲妻》等の豊富な除去で止める事が出来ます。
除去がとても多く、数が増えているデス&タックスに対しても強く出れるのは良いですね。

サイドボードにも3色からしっかり強いカードが採用されており、正に盤石と言ったところ。
これらのカードは4枚入っている《瞬唱の魔導士》で再利用出来るので、手数に困る事も少ないです。

さて、そんなグリクシスコントロールですが、弱点もあります。
まず、クリーチャー陣にタフネス1が多い事です。

boku045 08.jpg

このデッキには入っていませんが、《苦花》をメインかサイドに取っているリストも見受けられます。
なので、《イゼットの静電術師》のような継続して1点を撃ち込めるカードは良く効きます。
《未練ある魂》のような、数で攻めるカードも有効ですね。
逆に《タルモゴイフ》のような単体のスペックで押すカードは通りが悪いので、これらのカードでサポートしたいところ。
ライフを回復する手段に乏しい場合がほとんどなので、一度大きくライフを削ってしまえば後は《稲妻》等で止めを刺せる可能性もあります。

また、カードのコストが重く、1ターンに複数アクションを取る事が難しい構成になっています。
なので《目くらまし》《呪文貫き》のようなカードはとても良く効きます。
カウンターを入れれるデッキならば、1マナ以下のカウンターはどれも苦手としているので、これらを絡めた攻めを展開し、グリクシスコントロールの得意なアドバンテージ勝負になる前に決着を付けたいですね。

いかがだったでしょうか。

今回は3つのフォーマットからコントロールデッキを紹介しましたが、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

それでは、今回はこの辺で!

カードゲーム通販Bigweb

↑↑カードゲーム通販「Bigweb」でのお買い物はこちらをクリック!!↑↑