BIG MAGIC所属プロ

瀧村和幸
井上徹
松本友樹
川崎慧太
藤田剛史

BIG MAGIC ELDERS

黒田正城
浅原晃

BIGs

石田龍一郎
加藤健介
河浜貴和
斉田逸寛
田中陽
永井守
中道大輔
野稲和弘
朴高志
藤本岳大
松原一郎
光安祐樹
三宅恭平
簗瀬要
吉森奨

BIG MAGIC所属プロ

瀧村和幸

瀧村和幸
/Kazuyuki Takimura

2017-2018シーズン:ゴールド・レベル

戦績
プロツアー『戦乱のゼンディカー』優勝
グランプリ・台北2014 TOP8
グランプリ・北京2015 チーム戦TOP4
グランプリ・京都2016 チーム戦「The Sun」優勝
グランプリ・メキシコシティ2017 チーム戦TOP4

プロ契約を結んで最初のプロツアーでいきなり優勝、一気に日本のトッププロとして認知されたのも記憶に新しい。プラチナプロとして迎えた2016~2017シーズンは、二度のチーム戦GP上位入賞(京都優勝、メシコシティTOP4)もあり、目標であったゴールドレベルもクリア。2017~2018シーズンもチームシリーズ含め、トーナメントシーンでの活躍が期待される。

タキニキの愛称と「歯を見せてはいけない」など独特のセンス・ユーモアで広く愛されている。リミテッド及びチームリミテッドの実力はプロプレイヤー達の間でも高く評価され、構築ではドレッジなどの墓地を利用するデッキをこよなく愛し使い続けている。職業はゲームデザイナー。本人は「マジックはあくまで趣味」と公言しており、生活のためにプロプレイヤーをしているわけではない。ゲームというものはどうあるべきか・プロというものはどうあるべきか。それを体現するために、今シーズンもソイヤッと戦い観る者を楽しませてくれるはずだ!

【MTG生放送】BIG MAGIC LIVE 瀧村和幸「瀧村和幸のWCS講座」

ライター:瀧村和幸 記事


▲ページTOPに戻る
井上徹

井上徹
/Toru Inoue

2017-2018シーズン:ゴールド・レベル

戦績
グランプリ・北京2016 TOP8
グランプリ・メキシコシティ2017 チーム戦TOP4
The Limits10 優勝

2016年、BIGsより昇格する形で所属プロに。シルバーの次はゴールド、と目標を設定し海外遠征に積極的に参加してプロポイントを追い求めた。2016年末、アメリカグランプリ連戦では惨敗。それでも気を落とすことなく、予選を突破しプロツアーへの参加権利を得ると、プロツアー『霊気紛争』で躍進!以後勝ち星を安定して積み重ね、目標達成!マジックは努力が実を結ぶものだということを証明してみせた。

プロツアー参加回数は二桁を超え、キャリアも十分。ゴールドにより認知度を上げ、これからより華やかなステージに立っていくことだろう。チームシリーズに参加することも見逃せない。これまでほとんど一人、時折友人と、という形で調整を行ってきた井上が、チームメイトを得ることでどのように変化するのか楽しみだ。

グランプリのステージイベントにも参加したりと、これからもっとキャラクターの掘り下げも行われていくことだろう。大人しそうに見えて、意外とノリノリ?

ライター:井上徹 記事


▲ページTOPに戻る
松本友樹

松本友樹
/Yuki Matsumoto

2017-2018シーズン:シルバー・レベル

戦績
グランプリ・静岡2015 TOP8
グランプリ・千葉2015 優勝
グランプリ・京都2016 チーム戦「The Sun」優勝
初代フロンティア神

Aさん、トラカスなどの愛称で知られる。最近はカットラスならぬトラッカスなんて派生形も。独創的なデッキを好むことで知られ、ギミックをガチャガチャと動かして盤面を作り上げるのが大好き。《パラドックス装置》という最高のおもちゃを手に入れ、配信などでも楽しそうに遊ぶ姿が目撃されている。

ネタデッキのみならず、《栄光をもたらすもの》を採用した「ティムール・エネルギー」を環境最初期に組み上げ、BIG MAGIC Invitationalで優勝!見事プロツアー参加権利を勝ち取った。また、プレミアイベントから外れたところでも、晴れる屋のフロンティア神決定戦で優勝し、初代フロンティア神としてその名を刻みつけている。ヴィンテージもプレイしたりと、とにかくフォーマットを問わずマジックが大好きなプレイヤーだ。

穏やかに見えて、ちょっとおっちょこちょい。しかし昨年果たせなかったゴールドレベルという目標へ向けて、今シーズンは闘志に漲っているはずだ。どのようなデッキでプロツアーに参加していくのか、要注目。

【MTG生放送】BIG MAGIC LIVE 松本友樹「今夜もA定食」

ライター:松本友樹 記事


▲ページTOPに戻る
川崎慧太

川崎慧太
/Keita Kawasaki

2017-2018シーズン:シルバー・レベル

戦績
グランプリ・シンガポール2015 TOP4
グランプリ・広州2016 TOP8
グランプリ・北京2017 準優勝
BIG MAGIC Sunday モダン Vol.7 準優勝

グランプリ北京での準優勝もあって、見事シルバーレベルに。BIGsより昇格し、所属プロとなった三人目のプレイヤーである(一人目は和田寛也、二人目は井上徹)。付き合いのあるプレイヤーからの印象は大体「酒とジャンドの人」。仕事終わりの一杯と、黒緑を主体とした盤面に触れるデッキがとにかく大好き。リミテッドはまだまだトーナメントシーンでの経験が足らず苦手としているが、だからこそ素直に他のプレイヤーの意見を吸収し、それにより北京準優勝を成し遂げた。社会人プレイヤーであり、マジックの調整もグラフを作って効率よく限られた時間を有効に使うという、バリバリのサラリーマン・スタイルは世の働くマジック好きに響くものがあるだろう。

交友関係が広く、それを活かして様々なプレイヤーと調整を行ったりチーム戦のグランプリに出場したり。所属プロとなったことで、よりメディアにも露出していくことになるだろう。生放送は、やっぱり飲みながら?

『プロプレイヤーインタビュー』 シルバーレベルプロ・川崎慧太


▲ページTOPに戻る
藤田剛史

藤田剛史
/Tsuyoshi Fujita

マジック・プロツアー殿堂
BIG MAGIC ELDERS兼任

戦績
・プロツアー名古屋11 ベスト8
・プロツアーロサンゼルス05 ベスト8
・プロツアーロンドン05 準優勝
・プロツアー東京01 準優勝
・マスターズサンディエゴ02 ベスト8
・グランプリ京都00 優勝
・グランプリバンコク03 優勝
・インビテーショナル01 出場
・インビテーショナル05 準優勝
(Resident Genius部門)
・インビテーショナル06 出場
(APAC部門)
・日本選手権04 優勝

通称ローリーさん。マジック歴20年、マジックと共に生きてきたジャパニーズ・リアル・レジェンド。日本人として初めてのプロツアーサンデー進出を果たし、プレイヤー・デッキビルダーとして世界に名を轟かせる。持ち前のキャラクターで海外のプレイヤーともすぐ仲良くなり、交流・情報交換することで日本のマジックのレベルを底上げすることに多大に貢献した。黒田正城を始め、ローリーブランドのデッキにより輝かしい成績を残したプレイヤーは数知れない。自身もプロツアーで4度のトップ8入賞経験を持ち、2007年に日本人初のプロツアー殿堂顕彰者に選ばれる。初めてのプロツアーから殿堂入りまでの10年間、すべてのプロツアーの参加権利を保持していたことが「ちょっと自慢」。殿堂入り後はプレイヤーとしての活動を縮小、近年はもっぱらストリーミングの解説業に専念していたが、2017年プロツアー・チームシリーズを契機に現役復帰。マジックを盛り上げるために、日本の総大将が戦場に還ってきた!BIG MAGICでは真面目に・楽しく・ギリギリな活動を行っていく予定。

BIG MAGIC所属プロ・藤田剛史選手関連番組

▲ページTOPに戻る

BIG MAGIC ELDERS
黒田正城

黒田正城
/Masashiro Kuroda


戦績
プロツアー・神戸04 優勝
グランプリ・名古屋2002 チーム戦優勝
グランプリ・大阪2005 チーム戦優勝
The Finals05 優勝

日本人初のプロツアー王者は、今ではすっかり面白解説者に。ついつい盤面を置き去りにしそうになる脱線トークと、レールに戻った時の的確な解説には定評がある。解説中の口癖は「不愉快やね」。一体何度このセリフを口にするのか、一度カウントしてみたいものである。ドラゴンと天使が大好きで、それらを叩き付けられるデッキが好み。またダークロさんがプロツアーで戦っている姿が見たいと、祈りをささげない日はない。実際に出場しないGPに向けてデッキ調整を150戦以上行うなど、重ねている努力は若手にはまだまだ負けない。数々のおじいちゃんエピソードを持つため、めでたくエルダー入り。エルダー横綱。

【MTG生放送】BIG MAGIC LIVE 黒田正城&岩SHOW「黒ちゃんと!」


▲ページTOPに戻る
浅原晃

浅原晃
/Akira Asahara


戦績
グランプリ・京都2003 優勝
グランプリ・松山2005 優勝
グランプリ・浜松2006 チーム戦準優勝
The Finals03 優勝
The Finals04 優勝

日本が生んだ…何と言えばいいのだろう。鬼才?異能?とにかく、他のプレイヤーが道とも認識していない藪の中を疾走するMr.フリーダム。「8-Man」「みのむしぶらりんしゃん」「創造の標」など数々のデッキを作り上げ世界を舞台に活躍した元プロプレイヤーで、現在はマジック公式生放送各種番組の司会・解説を務めている。その経歴とマニアックな観点から展開されるトークは、まさしくアサハラ・ワールド。GP名古屋2016では、隣のプレイヤーのメモ帳にライフを書き込むというズバ抜けたおじいちゃんエピソードを生み出し、めでたくエルダー入り。終身名誉エルダー。


▲ページTOPに戻る

BIGs
石田龍一郎

石田龍一郎
/Ryuichiro Ishida


戦績
プロツアー『アヴァシンの帰還』出場
プロツアー『闇の隆盛』出場
プロツアー『ラヴニカへの回帰』出場
プロツアー『カラデシュ』出場
日本選手権11 優勝
世界選手権11(チーム戦) 優勝
BIG MAGIC Open Vol.2 優勝
(スタンダード)

ライター:石田龍一郎 記事


“最後の日本王者”の肩書は日本選手権復活によりなくなるも、後の殿堂やプラチナ含む強豪揃いの決勝ラウンドを勝ち抜いたという事実は消えない。

主な活動地域:中部(静岡・名古屋)

▲ページTOPに戻る
加藤健介

加藤健介
/Kensuke Kato


戦績
グランプリ・東京2016 TOP8
WMCQ2014東京 TOP8
プロツアー『異界月』出場
プロツアー『破滅の刻』出場

ライター:加藤健介 記事


通称カトケン。グランプリTOP4やRPTQを勝ち上がって安定してプロツアーに参加している、プロレベルを狙えるエース格。多岐にわたる交友関係も武器。

主な活動地域:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
河浜貴和

河浜貴和
/Yoshikazu Kawahama


戦績
プロツアー『タルキール覇王譚』出場
BIG MAGIC Invitational Vol.1 優勝
Eternal Festival Tokyo 2014 TOP8


マジックエンジョイ集団“チーム豚小屋”創設者。元バンドマンであり、そのキャリアを活かして皆を仕切り、ドラフト調整会などの開催を行っている。

主な活動地域:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
斉田逸寛

斉田逸寛
/Toshihiro Saida


戦績
PWCChampion-ship 2011 優勝
PWCChampion-ship 2015 準優勝
BIG MAGIC Open Vol.8 渡辺雄也杯 優勝

ライター:斉田逸寛 記事


BMO Vol.8渡辺雄也杯本戦を優勝。中学時代に対戦し、同じ草の根大会に通い続けるも遠い存在となった日本最強のプレイヤーの一人・渡辺雄也と戦う権利を得るという、ドラマチックな展開は視聴者を大いに沸かせた。今後、ライターとしての活躍にも期待。

主な活動場所:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
田中陽

田中陽
/Akira Tanaka


戦績
プロツアー『マジック2015』出場
ワールド・マジック・カップ2012
日本代表


記念すべき第1回ワールド・マジック・カップの日本代表メンバー。飛行機の遅延により、アメリカ国内での乗り継ぎが出来ず、タクシーでワシントンからインディアナポリスまで900kmの旅をしたという、伝説の生き証人である。

主な活動地域:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
永井守

永井守
/Mamoru Nagai


戦績
グランプリ・名古屋2012 TOP8
プロツアー『闇の隆盛』TOP4
BIG MAGIC Open スタンダード Vol.7 優勝


プロツアー・サンデー経験者。個人で調整を行い、結果を残すというBIGsの中でも謎多き存在。グリーンピースが嫌い。

主な活動場所:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
中道大輔

中道大輔
/Daisuke Nakamichi


戦績
第9期ミスターPWC
プロツアー『マジック・オリジン』出場
PWCChampion-ship 2015 優勝
BIG MAGIC Open Vol.8 渡辺雄也杯 TOP8

ライター:中道大輔 記事


各種予選では上位に名前を連ね続ける強豪。WMCQにてIDに失敗したリュウジの話は有名だが、その時の対戦相手がこの方。リュウジも実力差を鑑みて、「勝ちまくってるこの人に挑んで負けるよりは…」という選択肢を取ったというわけ。

主な活動場所:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
野稲和弘

野稲和弘
/Kazuhiro Noine


戦績
ワールド・マジック・カップ2015東京予選 TOP8

BIGs加入者インタビュー"野稲和弘"


BIGs期待の新人。旅するアドグレイス職人。とにかくキャラのパンチが強すぎる。マジックは楽しむためにやるものということを体現する姿勢は、見ていて大変好ましい。その場のノリを重視するあまり、グランプリ・ラスベガスではスロットマシーンにすべてを注ぎ込み、欲望の闇に飲まれた。

主な活動場所:日本全国(広島・神戸・大阪など)

▲ページTOPに戻る
朴高志

朴高志
/Takashi Boku


戦績
プロツアー『マジック・オリジン』出場
グランプリ・名古屋2014 準優勝
BIG MAGIC Open Vol.2 準優勝
(スタンダード)

ライター:朴高志 記事


赤いアグロとANTならこの人に聞け。大人しそうに見えて、ズバズバとアグレッシブに物を言う、ハイテンションな一面も。BMO Vol.2ではスタンダードとレガシーの両方でTOP8入りし「遊んで稼げて、マジック最高っす!」という名言を残している。

主な活動場所:中部(名古屋)

▲ページTOPに戻る
藤本岳大

藤本岳大
/Takehiro Fujimoto


戦績
プロツアー『マジック・オリジン』出場
プロツアー『戦乱のゼンディカー』出場
BIGMAGIC Sunday Modern Vol.6 TOP8
The Limits06 最下位
※2日目寝坊して、
たいそう怒られたとのことです

【MTG生放送】BIG MAGIC LIVE
BIGs 藤本岳大「はまち式○○攻略」


ライター:藤本岳大 記事


通称はまち。あだ名の理由は本人も覚えていないとのこと。はまち式○○講座、○○攻略などライター及びストリーマーとしても活躍中。気が付けばすっかりBMの看板の一人に。かつて罰ゲームでリュウジの握った寿司を食べたことがあり、その直後はまったくマジックで勝てなくなって悩んでいた。飄々としつつも楽しいことが好き、適当発言で場を沸かせる。リュウジのお兄ちゃんではないかと囁かれている。好きな球団はオリックス。

主な活動場所:関西(大阪・京都)

▲ページTOPに戻る
松原一郎

松原一郎
/Ichiro Matsubara


戦績
グランプリ・千葉2015 TOP8
プロツアー『マジック・オリジン』出場

ライター:松原一郎 記事


BIGsいじられ枠の一人。グランプリなどの飲み会では常にいじられ、グループを和ませている。4000人越えグランプリでのTOP8経験もあり、年に一度は海外遠征も行うなど、本業が忙しいからこそ楽しむときは思いっきりマジックに情熱を注ぎ込む。

主な活動場所:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
光安祐樹

光安祐樹
/Yuuki Mitsuyasu


戦績
WMCQ2013 TOP4
PWCC2015 TOP4
PPTQミルウォーキー 突破
PPTQアトランタ 突破
PPTQシドニー突破
PWCC2016 TOP8

ライター:光安祐樹 記事


通称モツ。赤いアグロデッキをこよなく愛する。デッキの好みや年齢がリュウジと同じであるため、よく絡んでいるが…とても同い年には見えない。プロツアー参加は未経験ではあるが、出たいという情熱は人一倍。

主な活動場所:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
三宅恭平

三宅恭平
/Kyohei Miyake


戦績
第10期ミスターPWC
第11期ミスターPWC

BIGs加入者インタビュー"三宅恭平"


二期連続ミスターPWCの称号を持つ。関東圏のプレイヤーとの交友が広く、BIGsの関東勢とも強い繋がりを持っている。グランプリTOP8まであと一息、弾けの刻の到来を待っているプレイヤー。デッキは自作するという強いこだわりの持ち主。

主な活動場所:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
簗瀬要

簗瀬要
/Kaname Yanase

2017-2018シーズン:ブロンズ・レベル

戦績
プロツアー『イニストラードを覆う影』出場
プロツアー『破滅の刻』出場

ライター:簗瀬要 記事


通称カナ師匠。MOPTQで2度プロツアー参加権利を獲得した、オンライン派。「なりたいな」と思っていたBIGs入りを果たした際、他のメンバーから「おめでとう」と祝福されたという心温まるエピソードをインタビューで披露してくれた。

主な活動場所:関東(東京)

▲ページTOPに戻る
吉森奨

吉森奨
/Sho Yoshimori


戦績
グランプリ・神戸2008 TOP4
LMCC2014 優勝


通称もりしょー。キャリアは長く、グランプリやプロツアーのカバレージでその活躍を見ることが出来る。トーナメントシーンとはそれほど関係のないレガシーや、カジュアルな統率者などフォーマットを選ばずに幅広くマジックをプレイしている。

主な活動場所:関東(東京・千葉・横浜)

▲ページTOPに戻る

TOPページに戻る