【GP京都2017】Day3 ステージイベントのご紹介

タグ:, ,

text by Seigo Nishikawa

 

GP京都2017の本戦ラウンドもその前半戦を終了。惜しくも後半戦への進出を逃してしまったプレイヤーにとって最早グランプリとは意味の無い存在なのか......いや、そんなことはありません。グランプリは3日間に渡り数多くのトーナメントが開催され、プレイヤーに休息の暇など与えません。

そして、BIGMAGICが主催するグランプリ・イベントでは更に加えてステージイベントと呼んでいる数々のイベントを開催しています。Day2では、都合7つのイベントを開催し、多数のお客様にお越しいただきました。

そしてDay3。いよいよ迎えたグランプリ京都2017の最終日、腕によりをかけたイベントをお送りいたします。その内容をまずは簡単にご紹介いたしましょう。



Vol1.マジックイラスト当てクイズ

day2vol0-1.jpg

開催時間:11:00~11:45(予定)

 モニターにマジックのカードのイラストを表示します。そのカード名を当てると言うクイズ。

 時には引っ掛け問題や、イラストの一部だけが表示されると言うことも......?
 美麗なイラストはマジックの魅力の一つ。この機会にもう一度じっくりとイラストを眺めてみるのも良いかもしれません。

 

 

Vol2.ジャッジになってみよう!~グランプリ京都編~

day2vol0-2.jpg

開催時間:12:00~12:45(予定)

 プレイヤーを支える縁の下の力持ち、それがジャッジという存在です。
 でも実のところその仕事内容を良く知っている人は少ないのでは?
 DCI認定レベルジャッジをお招きし、実際にトーナメントで起こりえる状況をクイズとして出題してもらいます。
 プレイヤーからの質問に貴方ならどう答えるでしょうか。

 

 

Vol3.ロン・フォスターを倒せ! 「Archenemy:Nicol・Bolas」

day2vol0-3.jpg

開催時間:13:00~14:00(予定)

 マジックは1vs1のみのゲームではありません。多人数戦と呼ばれる3人以上で行うゲームも大人気。

 その先駆者といえば、日本にマジックを根付かせた功労者の1人として名高い、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社のロン・フォスター氏。
 一方Nicol・Bolasといえば、こちらも皆様ご存知。魔王の名を欲しいままにする世界を影から支配する古竜。
 ロン氏とNicol・Bolasのタッグを打ち倒すために今3人のプレインズウォーカーが立ち上がる。
 その3人とは......貴方です!
 
 「Archenemy:Nicol・Bolas」を使用して、ロン・フォスター氏と対戦していただきます。
 見事、ロン氏に勝利すれば、相応の報酬が与えられることでしょう。

 

 

Vol4.クイズ:フロム・ザ・ボルト

day2vol0-4.jpg

開催時間:14:20~14:50(予定)

 《王神、ニコル・ボーラス》は破壊だけの存在ではありません。《王神の贈り物》の前に人々は感謝し、従うのです。

 ですが、ニコル・ボーラスは簡単には持つ宝物を下賜したりはしてくれません、課された試練を超えてこそ贈り物を手に入れるチャンスが生まれるのです。
 
 箱の中身を手で触り、その感覚だけで当てていただきます。的中させて贈り物を手に入れましょう。
 ゾンビが入っている......ということは流石にないので、ご安心を。
 ボーラスもそこまで鬼ではありません。

 

 

Vol5.マジック・バックグラウンド 「ニコル・ボーラスの世界」

day2vol0-5.jpg

開催時間:15:00~15:45(予定)

 アモンケットを語る上で、まず触れなければいけないのが《王神、ニコル・ボーラス》の存在。

 2万5千年前という人の想像を遥かに超えた時代からあり続けるその存在を今岩SHOWが語ります。
 マジックの世界感やフレイバー、デザインなどが好きな貴方にこそお勧めです。
 王神は何を思い、何を考え、何を目指しているのでしょうか。

 

 

Vol6.晴れる屋vsBIGMAGIC series Vol.5 「マジック大相撲京都場所2017」

day2vol0-6.jpg

(写真はGP静岡2017のときのものです)

開催時間:17:30~(予定、本戦の進行状況により前後する可能性があります)

 6人のプロプレイヤーがリングの上で激闘を交わしてから幾星霜。時には御輿に乗り、またあるときには甲冑を身に纏い、気づけば series と名打たれた名勝負も早や5試合目。場所を京都に変えての今回は

 

 相撲!?

 

 マジックとは全く縁もゆかりもなさそうな競技ではありますが、そこは晴れる屋とBIGMAGIC。勿論基本は忘れていませんよ。

 そして出場する選手は負けることが何より嫌いな、各店所属のプロプレイヤー達。これは絶対に見逃せません。

 

 

以上、本日は6つのステージイベントを予定しております。

楽しそうだなぁと思った貴方、まだまだ間に合います。ぜひとも会場まで足をお運びください。
本当に面白いのかなぁと感じた貴方、3分間お時間をください。気づけば30分時間がたっていますよ。

 

GP京都Day3、皆様お楽しみください。

グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る