【GP京都2017】日本レガシー選手権2017夏 Round5 松井 領佑(滋賀県)vs 川口 翼(岐阜県)

タグ:, ,

日本レガシー選手権2017夏 Round5 松井 領佑(滋賀県)vs 川口 翼(岐阜県)

by Tatsuo Sekimoto

P1070790.JPG

スイスラウンド折り返し地点はやや過ぎた5回戦。ANTvsSnTの対決をお送りしよう。二人とも初のフィーチャーということで緊張しているようだが、試合前にがっちり握手して「お互い頑張りましょう」と声をかけあった。


Game1
先手の川口は少し悩んでキープ。初手は《実物提示教育》《引き裂かれし永劫、エムラクール》《引き裂かれし永劫、エムラクール》《直観》《定業》《沸騰する小湖》《ヴリンの神童、ジェイス》という内容。《定業》が土地を引き込めるかどうかにかかっている。川口は《島》から《定業》で2枚とも上でターンエンド。どうやら賭けに勝ったようだ。

松井も《定業》。
川口は《水蓮の花びら》を置いてから《ヴリンの神童、ジェイス》。

JLS_R5_01.jpg

松井は《汚染された三角州》を置いてから《渦まく知識》。少し考えてから松井は2枚戻す。コンボに向けて走り出すのか―――?動き出した松井は《強迫》を唱えて《実物提示教育》を落とす。

川口はこの時点で松井のデッキに気づいたようで「ANTか」と呻く。

松井はさらに《水蓮の花びら》から《暗黒の儀式》を唱え、スレッショルドした《陰謀団の儀式》へと繋げる。そして《ライオンの瞳のダイアモンド》を起動して《炎の中の過去》と《苦悶の触手》を捨てる。

《炎の中の過去》をフラッシュバックして既に墓地に送った《苦悶の触手》を墓地から唱えた。


松井 1-0 川口


Game2
先手の川口はフェッチランドを起動して《島》を立ててエンド。
後手の松井は《ザンティッドの大群》。いきなり刺し合いを申し込む。

川口「辛いな」

川口は対応して《狼狽の嵐》をコストに《意志の力》。ストームに強い《狼狽の嵐》を失うのは不本意だろう。川口は返すターンで《ヴリンの神童、ジェイス》をプレイしてターン終了。

松井は《強迫》を唱えて川口の手札から《思案》を落とす。
川口は《ヴリンの神童、ジェイス》を起動してルーティング。変身させて先程墓地へいった《思案》をマイナス3能力で唱える。さらに《渦まく知識》を唱えて手札の整理を進める。

P1070791.JPG(松井 領佑)

松井のターン。《渦まく知識》を唱えるが《紅蓮破》によって消える。だがお返しとばかりに《陰謀団式療法》を唱えて《意志の力》を指定してヒットさせる。

だが、先にコンボに辿り着いたのは川口。《実物提示教育》を唱え《グリセルブランド》を戦場に送り込む。ペイライフと引き換えに7枚手札が補充される。

これまでの努力が水泡に帰す出来ごとだったがまだ諦めるには早い。川口のライフは9点なので《苦悶の触手》で押しこむことが出来る。松井は《ギタクシア派の調査》で川口の手札に《狼狽の嵐》があることを確認。そして《暗黒の儀式》を唱え、意を決して飛び込みにいった。

川口はフェッチランドを起動して《狼狽の嵐》。《暗黒の儀式》を打ち消す。
だがこれは松井の計算どおりで、《水蓮の花びら》を2枚唱えてから《炎の中の過去》を通す。まずは《ギタクシア派の調査》をフラッシュバックさせ、次に《渦まく知識》をフラッシュバック。

ここから連鎖が始まるかと思われたが繋がらなかった。

松井 1-1 川口


Game3
後手の川口は1マリガン。ゲーム開始時の占術は上のまま。
先手の松井は《ギタクシア派の調査》。

P1070794.JPG(川口 翼)

川口の初手が公開され《島》《汚染された三角州》《裏切り者の都》《グリセルブランド》《騙し討ち》《狼狽の嵐》が公開される。

カウンターがないのを見て取った松井は《ザンティッドの大群》をプレイ。次のターンには《ザンティッドの大群》の攻撃を唱えた上で《思案》と《強迫》をプレイ。川口の手札から《騙し討ち》を奪う。

攻めの手も封じられた川口は動くことができない。
その間に松井は《渦まく知識》で手札を整える。次のターンに《水蓮の花びら》《ライオンの瞳のダイアモンド》《陰謀団の儀式》(スレッショルド)と唱えると《冥府の教示者》を唱える。その際に《炎の中の過去》が捨てられ墓地へ送られる。《冥府の教示者》で《暗黒の儀式》をサーチした松井は《炎の中の過去》をフラッシュバックしてからもう一度マナ加速。

墓地の《冥府の教示者/Infernal Tutor》がフラッシュバックされ《苦悶の触手/Tendrils of Agony》への道を開いた。

ストームが十分たまったのを見計らって《苦悶の触手》がサーチされた


松井 2-1 川口

松井 win!

《炎の中の過去》を巧みに操る松井が5連勝!

グランプリ・京都2017 カバレージページに戻る