知らなきゃマズい?ウィザーズ・アカウントの有効化について

タグ:, , , ,

こんにちは!

 

BIG MAGICイベントマネージャーの伊藤です。

知らない人ははじめまして、知っている方はご無沙汰しております。

 

今回は皆さんにお願いがあって、記事を書くことになりました。

それは、「ウィザーズ・アカウントを有効化してください」ということです。

 

というわけで、今回のラインナップです。

■ウィザーズ・アカウントが有効化されていないとどんな不利益があるのか?

■すでにDCI番号を持っている方向け、ウィザーズ・アカウントの有効化方法

の2本立てとなっております。それではさっそくいってみましょう!

 

■ウィザーズ・アカウントが有効化されていないとどんな不利益があるのか?

いろいろ考えられます。順番に見てみましょう。

○プロツアー地域予選(RPTQ)や日本選手権(国別選手権)に参加できない可能性があります。

こちらは日本公式のツイッターによるツイートです。

このように、プロツアー地域予選に出場できなくなる可能性があります。

また登録名がないプレイヤーは、国に関しても登録がないため、日本選手権(国別選手権)招待リストに名前が表示されません。

2017年国別選手権 招待リストはこちら

 

○プロツアーやグランプリで入賞しても、賞金受け取りのためのメールを受信できません。

ウィザーズ・アカウントを登録してないと、入賞したとしてもメールアドレスが登録されてないことになり、

e-walletへの招待メールが届きません。そのため、賞金を受け取ることができません・・・。

 

(注;北京,神戸,マニラなどで、賞金圏内に入ったけどメール来てないな、、、という方は、すぐにプレイヤーサポートmtgjp.playersupport@wizards.comに相談しましょう)

 

賞金を受け取る仕組みはこちらの記事をご覧ください。

 

○グランプリなどの大型のイベントに予約しても、名前が漏れている場合があります。

5月に行われたBMOvol.9やグランプリ京都の予約者では、登録名がないプレイヤーが以前と比べて2倍になりました。

主催者としては細心の注意を払っていますが、それでも名前を間違えてしまう場合があります。

 

なぜかというと、登録名がないプレイヤーは、そのつど名前を入力してトーナメントに参加という処理を行うのですが、その方法で入力した名前のデータは、別のパソコンにデータを移し替えることができません。

 

毎週同じお店で大会に参加していれば、同じパソコンを使用しているので問題が発生しません。

ですが、大規模なイベントでは、ジャッジの協力のもと運営が成立しています。

パソコンを複数台使うこともあり、データの移し替えを行うこともあります。

そのたびに、登録名を入力することになり、結果としてヒューマンエラーが発生してしまいます。

「名前がない」や「名前が違う」などの不快な思いをしないためにも、ウィザーズ・アカウントに登録をお願いします。

 

○DCI番号が思っていたものと違う番号が表示されることがある。

イベント運営ソフトの表示上、「ウィザーズ・アカウントを有効化していないDCI番号10桁未満のプレイヤー」は、DCI番号が強制的に10桁に補正され表示されます。

これは頭に数字が何桁か追加されるのですが、一見すると、いままで見たこともないようなDCI番号になってしまって、DCI番号が間違っていると勘違いしてしまう可能性があります。

また、オンラインペアリングアプリのほとんどは、DCI番号に依存しているため、正しく作動しない可能性があります(スマートペアリングやMTG Paringでは、すでに対応されている可能性はあります)。



○DCI番号の検索ができない

もし、DCI番号がわからなくなってしまったときどうすればいいでしょうか。

今までは、住所や名前などから検索が可能でしたが、現在はウィザーズ・アカウントを有効化していないと検索出来なくなっています。

うろ覚えな方は要注意です。

 

 

 

■すでにDCI番号を持っている方向け、ウィザーズ・アカウントの有効化方法

 

まず確認したいことがあります。このカードを持っていますか?

ウィザーズナンバー①.jpg

持っている方は、飛ばして構いません。こちらをクリックしてください。

持っていない方・わからない方は、このまま読み進めてください。

DCI番号からウィザーズ・アカウントを有効化するためには、アクティベーション・コード(赤丸の部分)が必要です。

ウィザーズナンバー2.jpg

でも、このカードをなくした方や、そもそも昔貰ったのはこのカードではなかったという方もいるのではないでしょうか。

その場合、アクティベーション・コードがわかりませんので、

まず、あなたのDCI番号のアクティベーション・コードをウィザーズ社に問い合わせましょう。

 

【ご注意ください!】

ウィザーズ・アカウントの有効化の際に「ウィザーズ・アカウントの新規作成」をクリックしてしまう方がたくさんいらっしゃいます(実は私も間違えました)。

もし「ウィザーズ・アカウントの新規作成」をすると、新しいDCI番号付きのウィザーズ・アカウントを作成してしまいます。絶対に行わないでください。

 

 

問い合わせはメールで行います。以下の内容をウィザーズ社のカスタマーサポートまで送りましょう。

 

 

メールアドレス;  jp-support@wizards.com

件名: DCI番号の有効化のためのアクティベーション・コードを知りたい

本文:

お名前(アルファベット)

DCI番号

①過去に参加されたマジックのイベント、日付、店舗名、勝敗数

②過去に参加されたマジックのイベント、日付、店舗名、勝敗数

③過去に参加されたマジックのイベント、日付、店舗名、勝敗数

④DCI番号を作成された日時、店舗名/イベント名/市区町村名

①~③は同じ質問ですが、本人確認のためのものだと思ってください。

また、ここで記入する参加イベントは、グランプリなどのプレミア・イベントは避けましょう。

④はイベント名を覚えていたら、記載するようにしましょう。

また、もしお持ちであればDCI番号が記載されている会員証の写真をメールに添付するとよいでしょう。

 

 

 

 

上記の方法でアクティベーション・コードは手に入れましたか?

それでは、ウィザーズ・アカウントを有効化しましょう。詳しくは下記のURLから

http://mtg-jp.com/customer/wizards_account5.html

 

 

 

 

【ご注意ください!】

 

○メールアドレスについて

携帯のメールアドレスは避けましょう。

また、メールフィルターの設定で「 @wizards.com 」からのメールを受け取れるようにしておきましょう。

これは、確認のためのメールが迷惑メール扱いになって、受信できないことを防ぐためです。

○ログインIDについて

半角アルファベットで5文字以上80文字以下である必要があり、ほかの人に使用されていると使用できません。

また、ログイン名は一度設定すると変更ができません。

○パスワードについて

パスワードはあらかじめ決めておきましょう。

半角アルファベット(大文字)

半角アルファベット(小文字)

数字

記号(@や+など)

上記をそれぞれ1つ以上使用する必要があるため、前もって考えておいた方が無難です。

これらを全種類含んで、7文字以上のパスワードを設定します。

 

いかがでしたでしょうか。

不利益を被ることのないよう、ぜひウィザーズ・アカウントを有効化しておきましょう!

 

ウィザーズ・アカウントを有効化して、よきマジックライフを!

 

※:この記事は以下の記事を参考にしています。

http://mtg-jp.com/publicity/0018477/

http://mtg-jp.com/customer/wizards_account5.html